アメックスゴールドカード マイル 移行

断然お得なアメックスゴールドカードのマイル移行!しかし注意点も

 

アメックスゴールドカードで貯めたポイントはさまざまな特典と交換ができます。

 

その中の一つにあるのが航空会社のマイルで、実はこのマイル移行がポイント交換先の中で一番お得です。

 

と言いますか、マイル移行以外はハッキリ言って損します…

 

ではどれくらいお得なのか?ということで今回の記事では詳しくお話していきます。

 

 

目次(クリックで各項目に飛びます)

 

 

アメックスゴールドカードのポイントはマイル移行が一番お得

アメックスゴールドカードのポイント交換先別に移行レートをまとめてみました。

 

比較すればマイル移行が一番お得だということがわかります。

 

ポイント移行先と移行レート一覧

メンバーシップ・リワード・プラス

登録済み

未登録

ANAマイル 1,000ポイント=1,000マイル 2,000ポイント=1,000マイル
ANA以外のマイル 1,250ポイント=1,000マイル 2,000ポイント=1,000マイル
楽天スーパーポイント 3,000ポイント=楽天スーパーポイント1,500ポイント 3,000ポイント=楽天スーパーポイント1,000ポイント
Tポイント 3,000ポイント=Tポイント1,500ポイント 3,000ポイント=Tポイント1,000ポイント
ヒルトンオナーズ 1,000ポイント=1,250Hオナーズポイント 2,000ポイント=1,250Hオナーズポイント
SPGスターポイント 1,000ポイント=330スター・ポイント 2,000ポイント=330スター・ポイント
ヨドバシカメラ、高島屋 3,000ポイント=1,000円分商品券 2,000ポイント=1,000円分商品券
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン 1ポイント=1.0円 1ポイント=0.4円
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク 1ポイント=0.8円 1ポイント=0.4円
日本旅行 1ポイント=0.8円 1ポイント=0.4円
カード支払いに充当 1ポイント=0.5円~1円 1ポイント=0.3円

 

※メンバーシップ・リワード・プラスとは?

年会費3,000円+税で登録できるポイントプログラムです。

 

登録することでポイント移行レートがお得になります。また、登録することでポイントの有効期限が無期限になります。

 

マイル以外のポイント交換先は交換レートがお得ではありません。ですが、マイル移行なら

 

  • ANAマイル … 1,000ポイント=1,000マイル
  • ANA以外のマイル … 1,250ポイント=1,000マイル

 

とお得なレートで移行ができます。※メンバーシップ・リワード・プラス登録の場合

 

 

 

アメックスゴールドカードでマイル移行可能な航空会社

アメックスゴールドカードでマイル移行が可能な航空会社は全部で15社あります。

 

 

それぞれの航空会社のマイルに移行する場合のレートは次の通りです。

 

航空会社別のマイル移行レート比較

 

メンバーシップ・リワード・プラス

登録済み

未登録

ANA 1,000ポイント=1,000マイル 2,000ポイント=1,000マイル
チャイナエアライン 1,250ポイント=1,000マイル 2,000ポイント=1,000マイル
デルタ航空
ヴァージン アトランティック航空
タイ国際航空
キャセイパシフィック航空
シンガポール航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
スカンジナビア航空
アリタリア-イタリア航空
フィンランド航空
エティハド航空
エミレーツ航空
カタール航空
エールフランス/KLM航空

 

表からもわかるようにANAマイルへの移行が一番お得です。ただし、ANAマイルへの移行には注意点もあります。

 

 

 

ポイントをANAマイルへに移行する際の注意点

ポイントをお得にマイル移行するためにはメンバーシップ・リワード・プラスへの登録が必要です。

 

メンバーシップ・リワード・プラスは年会費3,000円+税がかかります。

 

これは他社マイルに移行する場合も同じなんですが、ANAマイルの場合はメンバーシップ・リワード・プラスとは別に以下の年会費が追加でかかります。

 

  • メンバーシップ・リワードANAコース … 年会費5,000円+税

 

つまり合計で年間8,000円+税の年会費が必要になるということです。

 

また、もう1つの注意点として、ANAマイルに年間で移行できるのは80,000マイルまでというものがあります。

 

他社マイルでは上限がありませんが、ANAマイルは年間で上限がありますので注意が必要です。

 

ということでまとめると、ポイントプログラムに登録してお得にマイル移行しようとした場合、ANAと他社では次のように違ってきます。

 

ポイントプログラム登録時のマイル移行比較

 

ANAマイル

ANA以外のマイル

年会費合計 8,000円+税 3,000円+税
年間マイル移行上限 80,000マイル 上限なし
移行レート 1,000ポイント=1,000マイル 1,250ポイント=1,000マイル

 

移行レートはANAマイルの方がお得なんですが

 

  • 別途年会費5,000円+税がかかる
  • 年間80,000マイルまでが移行上限

 

という点はANAマイルの注意すべき点です。

 

 

 

ANA以外にもマイル移行先を検討するのがおすすめ

ポイントプログラムに登録してANAマイルへ移行するのがレート的には一番お得なんですが、ANAの場合

 

  • 年間で8,000円+税も年会費がかかる
  • 年間80,000マイルが移行上限

 

といったデメリットがあると説明しました。なのでANA以外の選択肢も検討するのが個人的にはおすすめです。

 

ではANA以外だとどの航空会社がおすすめか?ということですが、個人的にはブリティッシュ・エアウェイズがおすすめです。

 

ブリティッシュ・エアウェイズの特徴

  • 国内線の特典航空券なら4,500マイルから交換可能
  • マイルを貯めるか使うことで有効期限が3年間延長

 

海外マイレージプログラムですが、実は国内線の特典航空券が購入でき、しかも格安で購入ができます。

 

マイルの有効期限も実質的に無期限なので使いやすいマイレージプログラムです。

 

ANA以外でしたらブリティッシュ・エアウェイズも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

まとめ:アメックスゴールドカードのポイントはマイル移行を!

アメックスゴールドカードのポイント移行先であるマイルについて解説してきました。

 

アメックスゴールドカードではポイントを移行する際、レートがお得になるメンバーシップ・リワード・プラスというポイントプログラムがあります。

 

このポイントプログラムを利用することで

 

  • ANAは1,000ポイント=1,000マイル
  • ANA以外は1,250ポイント=1,000マイル

 

のレートでポイントをお得にマイルに移行できます。ただし、注意点としては

 

  • 年会費3,000円+税がかかる
  • ANAに移行する場合はさらに年会費5,000円+税がかかる
  • ANAの年間移行上限は80,000マイル

 

などがあります。

 

ANAはポイントを1:1でマイルに移行できてお得なんですが、これらの点に注意が必要です。

 

なのでANA以外にも、ブリティッシュ・エアウェイズのようなお得な航空会社も候補に入れておくといいでしょう。

 

どちらにしてもポイントはマイルに移行するのが断然お得なので、マイルへの移行を検討してみてください。